■作用スペクトル(IPCE)測定装置 (PEC-S20)
   
 
●作用スペクトル(IPCE)測定装置 (PEC-S20)
 
概要
本機は、各種太陽電池の作用スペクトル、分光感度スペクトルを測定する装置です。
一体型の本体は、特別な設置スペースを必要とせず、通常の実験台の上に設置できます。
本機は、キセノンランプを光源として用いています。
モノクロメータで分光した単色光を、光ファイバ(出射径3mm)を通してサンプルに照射します。
照射強度は、480nmにおいて、2mW以上と、比較的強い単色光強度が推奨される色素増感太陽電池の評価に最適です。
専用ソフトウェアにより、補正された作用スペクトルをリアルタイムで画面上に表示します。
測定された作用スペクトル(IPCEスペクトル)より、基準太陽光照射下(AM1.5G/100 mW cm-2)における太陽電池の短絡電流密度も、自動計算されます。
●本体外観
作用スペクトル(IPCE)測定装置 (PEC-S20)
■本体は電源一体型です。完全卓上型のIPCE測定装置です。
●本機を卓上に置く場合の必要スペースは、奥行き60 cm、幅80 cmです。
●写真の構成以外に、Windows XPが動作するパーソナルコンピュータが別途必要です。
作用スペクトル(IPCE)測定装置 (PEC-S20) 作用スペクトル(IPCE)測定装置 (PEC-S20)
■光ファイバ照射による光電流応答スペクトルの測定の様子(左図)。
  試験用のセルは、受光部がおよそ5 mm 四方。
  φ3 mmのファイバ(右図)を使い、 強い単色光強度の光を接射して、光電流を測定します。
  直径3 mmの光ファイバを通してセルに接射することで、
  セルの発電層の面積にかかわらずに、入力の光子数を限定する方法です。
●測定例
●測定・解析ソフトウェア「PEC-Pro」
測定・解析ソフトウェア「PEC-Pro」
N719色素を用いた色素増感太陽電池の計測例
(上)PEC-Proにより測定したIPCEスペクトル
(下)PEC-IV2(別売り)により測定したI-Vカーブ
リファレンス測定モード
リファレンス用のシリコンセルのデータを測定します。
コンピュータに保存された添付のリファレンスシリコンセルのIPCEスペクトルより、波長ごとの照射光量を計算することができます。
■サンプル測定モード
サンプル測定モードでは、リファレンス測定モードでのデータをもとに、
光量補正済みのデータを、リアルタイムで表示しながら測定します。
■短絡電流値の自動計算機能
測定されたIPCEスペクトルから、
基準太陽光スペクトル(AM1.5G 100 mW cm-2)のデータを用いて、
自動計算されます。
■データの保存と読み込み
測定データはPEC-Pro形式(バイナリ形式)とテキスト形式で保存されます。
テキスト形式のデータはエクセルなどに簡単に読み込むことができます。
構成・仕様
●装置本体
サイズ:
W355 x D408 x H441 mm
測定方法:
DC(直流)測定法(標準仕様時)
測定波長範囲:
400 nm〜 800 nm(標準仕様時)
照射波長範囲:
300 nm 〜 1180 nm
単色光強度: 約 2 mW at 480 nm (標準仕様時)
波長純度: 約 30 nm (標準仕様時)
光源: 150 W キセノンランプ (オゾンレスタイプ)
●光ファイバー
ファイバー:
バンドルファイバ( SUS)
ファイバー長:
1m
出射口:
出射径 3 mm、外径 5 mm
フォルダ:
着脱可能フォルダ
●試料室
サイズ:
W300×H218×D200 mm
試料台:
ラボジャッキ式
IVアンプ:
切替式( x1, x10, x100, x1k)
出力電圧:
10 V
●較正用セル
Si photodiode:

S1337-1010BQ 分光感度較正データ付(浜松ホトニクス)

●測定・解析ソフトウェア
ソフトウェア:
PEC-PRO
波長制御:
ステップスキャン
フィルタ制御:
自動切替
データ処理:
分光感度変換、量子収率変換、 Jsc換算、スペクトル演算
 
 
Copyright (C) Peccell Technologies, Inc. All Rights Reserved.