本文へスキップ

株式会社大阪ケミカル・マーケティング・センターはマーケットリサーチを専門とする1962年設立の実績ある会社です。

TEL. 06-4305-6570

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

 Vol.3 No.325 フィルター市場の現状分析と展望

 2022年8月刊行  定価:89,800円(税込み98,780円)      B5判 200ページ     
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

<刊行のねらい> コロナと半導体が牽引するフィルター市場

  1. 新型コロナはフィルターの市場にも様々な影響を与えている。マスクと空気清浄機は感染対策で需要が急増し、半導体は需給が 逼迫して製造用ラインフィルターが大きく増加した。しかし、半導体不足で自動車の生産が減少し、塗装用フィルターが低調に 推移した。エンジン用フィルターも後退を強いられた。その一方で、電気自動車の電池生産が増加し、電池関連のフィルターは 拡大している。いま、フィルターの市場は好調な分野、低調な分野が混在している。
  2. フィルターは常に高捕集効率、低圧力損失、長寿命が求められ、ユーザーは低圧力損失、長寿命などのランニングコストに係る 特性を重視する。勿論、必要とされる濾過性能を満たしていることが前提であるが、フィルターは使い捨ての消耗品であるため コストに対するニーズが強い。フィルター各社が原材料の高騰による値上げを打ち出しても、受け入れられないケースが多く、 厳しい状況が続いているが、いまフィルターに求められていることは、ユーザーにどのようなメリットもたらすことができるか であり、それがメーカーの競争力になる。
  3. フィルターは当センターの重点テーマであり、これまでに多くのレポートを刊行し、好評を博してきた。今回は、新型コロナで 混乱気味のマーケットを改めて精査し、その最新動向を編纂するものである。当センターはこれまでにフィルターに関するレポート を数多く刊行し、好評を博してきた。本レポートは新型コロナで混乱気味のマーケットを改めて精査し、その最新動向を整理、 編纂したものである。

<目  次>                             見本ページ

1. フィルターの製品開発とマーケット動向
 1-1 フィルターのニーズと製品展開
  1-1-1 フィルターのニーズと開発
  1-1-2 フィルターの用途展開とニーズ
 1-2 フィルター市場の最新動向
  1-2-1 新型コロナの感染対策とフィルター
  1-2-2 急増する半導体製造とフィルター
  1-2-3 自動車の生産、EV化とフィルター
  1-2-4 濾材用メルトブロー不織布の需給バランス
   (1) 感染対策用マスクの需要拡大と設備増強
   (2) メルトブロー不織布の増設、新規参入
   (3) メルトブロー不織布の余剰と競合
  1-2-5 家庭用空気清浄機の増加とフィルター
   (1) 感染対策と空気清浄機の需要動向
   (2) 空気清浄機の除菌システムとフィルター
 1-3 ナノファイバーとフィルター製品
  1-3-1 濾材のナノファイバー化と濾過性能
  1-3-2 ナノファイバーの種類と製法
  1-3-3 HEPAフィルターの濾材比較
    ①ガラス繊維紙  ②ナノファイバー不織布
    ③PTFE膜  ④エレクトレット不織布
  1-3-4 ナノファイバーによる濾材開発
   (1) 繊維径の均一化(メルトブロー不織布)
   (2) ナノファイバーフィルターの耐久性向上
  1-3-5 ナノファイバーフィルターの商品展開
  1-3-6 ナノファイバーフィルターの市場展望
 1-4 フィルターの需要動向と市場規模
  1-4-1 各種フィルターの需要量と展望
  1-4-2 各種フィルターの製品別市場規模
    ①エアフィルター  ②バグフィルター
    ③液体フィルター  ④自動車用フィルター、他
2. エアフィルター
 2-1 空気清浄装置とフィルターの種類
  2-1-1 自動巻取型フィルター
  2-1-2 ユニット・パネル型フィルター
 2-2 エアフィルターの濾過機構と性能
  2-2-1 エアフィルターの濾過機構
  2-2-2 エアフィルターの性能と規格
   (1) エアフィルターの性能分類と捕集効率
   (2) 粗塵・中高性能フィルターの性能規格
   (3) エアフィルターのJIS規格(JIS B9908)
  2-2-3 濾材の種類と高性能化
   (1) 各種エアフィルターの濾材仕様
   (2) エアフィルターの高性能化
 2-3 エアフィルターの用途と空調システム
  2-3-1 ビル空調用フィルター
   (1) 建築物の空気管理基準(ビル管理法)
   (2) ビルの空調方式とフィルターの種類
   (3) 各種空調機器の出荷量
  2-3-2 自動車塗装ブース用フィルター
   (1) 塗装ブースのフィルター適用部位
   (2) フィルターの種類と機能
 2-4 エアフィルターの新マーケット動向
  2-4-1 エアフィルターの需要量と市場規模
    ①製品別需要量と市場規模
     1)粗塵(パネル型、自動巻取型)  2)HEPA/ULPA
     3)中・高性能(標準、小型、袋型)  4)ケミカル
    ②用途別需要量と市場規模(ビル空調、産業空調)
  2-4-2 エアフィルターの濾材需要動向
   (1) 各種フィルターの濾材使用量
   (2) フィルター別の各種濾材消費量
    ①不織布  ②エレクトレット不織布
    ③ガラス繊維紙・マット  ④PTFE膜
   (3) 不織布の品種別消費量
    ①メルトブロー(帯電、非帯電)  ②補強用
    ③レジンボンド  ④スパンボンド
  2-4-3 濾材メーカーの生産量と動向
   (1) 不織布濾材メーカーの生産量とシェア
    ①日本バイリーン  ②タピルス  ③クラレ
    ④金井重要工業  ⑤倉敷繊維加工  ⑥東洋紡
    ⑦東レ・ファインケミカル  ⑧その他
   (2) ガラス繊維濾材メーカーの生産量とシェア
    ①北越コーポレーション  ②輸入品、他
  2-4-4 ビル空調用フィルターの流通形態
  2-4-5 フィルターの市場展望
 2-5 HEPA/ULPAフィルター
  2-5-1 クリーンルームの清浄度とフィルター
   (1) クリーンルームの用途と清浄度
   (2) 空調方式の変化とフィルターの需要
   (3) クリーンルーム用フィルターの種類
  2-5-2 HEPA/ULPAフィルターの種類と性能
   (1) HEPA/ULPAフィルターの性能
   (2) HEPA/ULPAフィルターの構造と濾材
   (3) 半導体製造、FPDの清浄度とフィルター
  2-5-3 HEPA/ULPAフィルターの需要動向
   (1) 半導体のマーケット動向
   (2) クリーンルーム用フィルターの需要量と市場規模
   (3) HEPA/ULPAフィルターの需要量と推移
    ①ICR用  ②BCR用  ③新規需要  ④取替需要
  2-5-4 HEPA/ULPAフィルターのメーカー動向
   (1) フィルター各社の販売量とシェア
    ①日本無機  ②ケンブリッジフィルター  ③ニッタ
    ④忍足研究所  ⑤進和テック  ⑥日本エアーテック
    ⑦パナソニックエコシステムズ  ⑧その他
   (2) 濾材メーカーの販売量
    ①北越コーポレーション  ②その他
 2-6 エレクトレットフィルター
  2-6-1 エレクトレットフィルターの濾過機構と性能
   (1) エレクトレット化法と濾過性能
   (2) エレクトレット濾材の洗浄と再帯電
  2-6-2 エレクトレット不織布の用途
   (1) エレクトレット不織布の種類と特性
    ①メルトブロー  ②フィルムスプリット繊維
    ③スパンボンド  ④サーマルボンド  ⑤その他
   (2) エレクトレット不織布メーカーの製品と用途展開
    ①日本バイリーン  ②東洋紡  ③三井化学
    ④東レ・ファインケミカル  ⑤金井重要工業
    ⑥タピルス  ⑦旭化成  ⑧クラレ  ⑨大和紡績
    ⑩サンエムパッケージ  ⑪その他
  2-6-3 エレクトレット不織布の用途別需要量
    ①マスク  ②空気清浄機  ③ビル空調  ④その他
3. ケミカルフィルター
 3-1 ケミカル汚染とケミカルフィルター
  3-1-1 クリーンルームの粒子・ケミカル汚染物質
  3-1-2 ケミカル汚染対策
  3-1-3 ケミカルフィルターの商品全覧
 メーカー、商品名、対象ガス、吸着剤、
 担体、フィルターの構成、その他
 3-2 ケミカルフィルターの製品開発
  3-2-1 ケミカルフィルターの要求特性
  3-2-2 ケミカルフィルターの濾材と構造
   (1) ガス状汚染物質の吸着・除去材料
    ①活性炭(粒状、球状、繊維状)  ②酸化・還元剤
    ③イオン交換樹脂・繊維  ④中和剤  ⑤その他
   (2) ケミカルフィルターの濾材構造と製品
  3-2-3 ケミカルフィルターの設置場所
 3-3 フィルターメーカーの商品開発と展開状況
    ①ピュアテック  ②ケンブリッジフィルター
    ③進和テック  ④日本無機  ⑤日本バイリーン
    ⑥忍足研究所  ⑦ダン・タクマ  ⑧ニチアス
    ⑨イー・シー・イー  ⑩ニッタ  ⑪アクシー
    ⑫東洋紡カンキョーテクノ  ⑬その他
 3-4 ケミカルフィルターの市場動向
  3-4-1 ケミカルフィルターの需要量と市場規模
  3-4-2 一般用ケミカルフィルターの用途展開
4. 液体フィルター
 4-1 液体フィルターの用途と濾過システム
  4-1-1 液体フィルターの分類と濾過機構
   (1) 液体フィルターの分類
   (2) 液体フィルターの濾過機構
  4-1-2 液体フィルターの用途
 4-2 液体カートリッジフィルター
  4-2-1 カートリッジフィルターの種類と商品
   (1) カートリッジフィルターの濾過方式
   (2) カートリッジフィルターの構造と濾材
    ①糸巻き  ②不織布・繊維積層  ③表面濾過
   (3) 金属製カートリッジフィルター
   (4) 高流量カートリッジフィルター
   (5) スラリー濾過用カートリッジフィルター
   (6) カプセルカートリッジフィルター
  4-2-2 カートリッジフィルターの価格
  4-2-3 カートリッジフィルターの市場動向
   (1) 各種フィルターの市場規模
    ①メンブレン  ②糸巻き  ③繊維・樹脂成形
    ④不織布・濾紙プリーツ  ⑤金属系
   (2) 各種フィルターの用途別需要量
    ①化学工業  ②エレクトロニクス  ③医薬品
    ④塗料・塗装  ⑤食品・飲料  ⑥その他
  4-2-4 カートリッジフィルターのメーカー動向
 4-3 分離膜フィルター
  4-3-1 膜分離法の種類
  4-3-2 高分子膜の機能と製品
   (1) 高分子膜の機能分類と素材(MF、UF、NF、RO)
   (2) 高分子膜の膜構造
   (3) 膜モジュールの形態
   (4) 高分子膜の濾過方式(デッドエンド、クロスフロー)
  4-3-3 分離膜の用途
  4-3-4 分離膜フィルターの市場動向
   (1) 分離膜フィルターの需要動向と市場規模
   (2) 分離膜メーカーの動向
 4-4 液体フィルターバッグ
  4-4-1 液体フィルターバッグの濾過システム
  4-4-2 液体フィルターバッグの構造と濾材
  4-4-3 液体フィルターバッグの用途展開
  4-4-4 液体フィルターバッグの市場規模とメーカー動向
5. バグフィルター
 5-1 集塵機の種類とバグフィルター
  5-1-1 バグフィルターの使用目的
  5-1-2 各種集塵機の捕集性能
  5-1-3 バグフィルターの分類と特性
 5-2 バグフィルターの濾布と性能
  5-2-1 織布、フェルトの濾過特性と捕集機構
  5-2-2 濾布の種類と特性(合成繊維、ガラス繊維)
  5-2-3 フェルトの種類と特性(繊維素材、加工処理)
  5-2-4 バグ用濾布の高機能化
    ①PTFEラミネート  ②フッ素繊維ウェブ積層
    ③極細繊維  ④繊維ブレンド  ⑤異形断面繊維
  5-2-5 耐熱繊維と耐熱バグ
   (1) バグ用繊維の種類と耐熱性
   (2) 各種繊維の耐熱性と耐薬品性
   (3) 各種濾布のコスト比較
  5-2-6 バグフィルターの用途と濾布
 5-3 バグフィルターのマーケット動向
  5-3-1 バグフィルターのメーカー動向
  5-3-2 バグの生産・需要量
   (1) バグの需要形態と傾向
   (2) バグの繊維別原反需要量とシェア
    ①織布  ②フェルト  ③汎用繊維  ④PPS繊維
    ⑤アラミド繊維  ⑥ガラス繊維  ⑦フッ素繊維
    ⑧ポリイミド繊維  ⑨テファイヤー
   (3) バグ用濾布の輸入量(PET・フッ素フェルト)
   (4) バグ用濾布の目付と繊維消費量
   (5) 耐熱繊維の需要量とメーカー動向
 5-4 廃棄物焼却炉用バグの需要動向
  5-4-1 廃棄物焼却施設の稼働状況
    ①都市ごみ処理施設  ②事業系廃棄物処理施設
    ③一般廃棄物処理施設数・処理能力推移
  5-4-2 焼却炉用耐熱バグの需要量と推移
    ①ガラス二重織布  ②フッ素100%フェルト、他
 5-5 バグの市場規模とバグメーカー
  5-5-1 各種バグの市場規模
  5-5-2 バグメーカーの販売額とシェア
    ①東洋紡カンキョーテクノ  ②中尾フィルター工業
    ③麻益  ④泉  ⑤関西フエルトファブリック
    ⑥フィルターサービス  ⑦九州産業  ⑧その他
 5-6 濾布のメーカー別生産量と供給先
  5-6-1 フェルト
    ①日本フエルト  ②アンビック  ③フジコー
    ④中尾フィルター工業  ⑤呉羽テック  ⑥輸入品
  5-6-2 ガラス織布(ユニチカ、日東紡績)
  5-6-3 バグ用濾布の流通状況
   (1) バグの流通形態(新設需要、取替需要)
   (2) バグ用濾布の流通マップ
    
    サンプルページをご要望の方はこちらから
    購読申し込みの方はこちらから

バナースペース

株式会社大阪ケミカル・
   マーケティング・センター

〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6-7-21-502

TEL 06-4305-6570(代表)
FAX 06-6774-6828