main02.gif

商品詳細

 上巻では問題が多いながらも戦場では連合軍戦車を圧倒する頼もしい猛虎であったティーガー重戦車だったが、その力はクルスク戦での奮戦を頂点として翳りを見せ始める。
 下巻の本書ではティーガー重戦車の脅威に対してソ連のIS2重戦車や英国のファイアフライ戦車等の強力なライバルが登場し、加えてヤーボ(戦闘爆撃機)による空襲や戦略爆撃による燃料や部品、弾薬の不足がティーガー重戦車の力を、そしてドイツの力を削いで行く。これに対してドイツ軍は最強の重戦車6号B型ケーニヒス・ティーガーを開発して戦場へ投入するが、戦局の挽回は不可能で、東西両戦線で続く後退戦の中で各重戦車大隊の猛虎達は、連合軍に大損害を与える奮戦の末に次々と討ち取られ壊滅し、最後の生き残り達もベルリン最終戦でドイツ第三帝国に殉じて死に絶える。特に第二次世界大戦最強と呼ばれるケーニヒスティーガー重戦車の防御戦での圧倒的な強靱さと、ラインの守り作戦や春のめざめ作戦等の攻撃戦での役立たずぶりが対照的で強く印象に残る本書である。
(相曽)

[商品番号] Land2-Ger-E-sPzAbt-001b 大日本絵画[エゴン・クライネ, フォルクマール・キューン(共著) 富岡吉勝(訳)/四六判/328頁/〒350]
ティーガー (下巻) 無敵戦車の伝説 1942〜45
  販売価格 3,240円
消費税込 / 送料別

残り 1


main06.gif

[ご注意]
あなたのブラウザの設定では Cookie (クッキー) が無効になっているため、 「買い物かご」を使うことができません。 ブラウザの設定で Cookie を受け付けられるようにしてください。 設定後、このページを1回か2回「再読み込み」してください。 Cookie が受け付けられる設定であれば、 このメッセージはあらわれなくなります。

かごの中は空です。